ココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科

コラム|前橋赤十字病院跡地 ココルンシティまえばしで歯科をお探しの方はココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科まで

homeコラム

子どもの矯正は早い方がいいってウソ?ホント?

こんにちは。
前橋赤十字病院跡地 ココルンシティまえばしの歯医者「ココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科」です。
 
歯科矯正において、周りの人に子どもの頃に早く矯正をしておく方がいいといわれて、本当にそうなのかと疑問に思いませんでしたか。
これが本当であれば、自分のお子さんの歯並びやお口の健康について「歯科矯正」を選ぶのも選択肢のひとつになりますよね。
子どもの頃の矯正について、この噂は本当です。
 
 

小児矯正のメリットとは

大人になってからおこなう矯正に比べて、子どもの頃におこなうことのほうが、メリットが多いのです。
では、どのようなものがあるのでしょうか。
 
●骨の成長に合わせておこなうため、後戻りしにくい
子どもの時期は、身体が成長します。
この時期の骨の成長にあわせて、矯正をおこなうことで歯の生えるスペースが充分に確保できます。
大人になってから永久歯がすでに生えた状態での矯正は、歯そのものを動かすため、後戻りのリスクはありますが、小児矯正は永久歯の生えるスペースができているため後戻りの心配はありません。
 
●鼻呼吸で正しく呼吸ができる
呼吸は、もともと鼻でおこなうのが正しい方法です。
口で呼吸をおこなうと、歯並びはもちろんですが風邪をひいたり、アレルギー発症など身体の健康にも影響がでやすいです。
口呼吸をしやすい人は、上顎が小さいのでその分鼻の骨も小さいことがあります。
そのせいで、鼻で呼吸がしづらく口呼吸になりやすいのです。
鼻の骨を正常な大きさにするには、上顎の成長を促さなければいけないのですが、この成長は10歳くらいまでには終わってしまうので、成人してからでは遅いのです。
 
●むし歯のリスクを減らす
歯並びがよくなることで、歯みがきがしやすくなります。
歯みがきがしっかりできることで、磨き残しも減り、むし歯のリスクが減らせます。
むし歯で一度削った歯は、元には戻りませんし、そこから更にむし歯になる可能性もでてきます。
できるだけ、子どもの頃からむし歯のリスクを減らしていくことが大切です。
 
 
ココルン歯科クリニックでは、大人の矯正だけではなく、小児矯正にも力をいれています。
歯並びだけでなく、機能的なお口づくりをめざしていますので、歯並びについてのご質問やご相談があれば、ぜひ一度相談ください。

 

WEB予約
電話をかけるWEB予約