ココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科

コラム|前橋赤十字病院跡地 ココルンシティまえばしで歯科をお探しの方はココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科まで

homeコラム

ワイヤー矯正VSマウスピース矯正!違いは何ですか?

こんにちは。
前橋赤十字病院跡地 ココルンシティまえばしの歯医者「ココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科」です。
 
歯科矯正をしようと考えたときに、よく耳にするのがワイヤー矯正とマウスピース矯正です。
それぞれの矯正法の特徴があまりわかっておらず、自分にはどちらが合っているかなどで迷われている方は多いです。
矯正治療には期間がかかりますので、ストレスなく続けられる方がいいですよね。
このコラムでワイヤー矯正とマウスピース矯正の特徴を知って、治療法を選択をするときの参考にしていただければ幸いです。
 
 

生活のスタイルをあまり変えたくない人には「マウスピース矯正」

マウスピースを使用しておこなう矯正です。
マウスピースで歯を動かして並べていきます。1カ月に最大で約1㎜動く計算で作られています。
取り外しが可能で、食事とブラッシングのときは外してそれ以外は装着しておきますので、食事の制限もありませんし、歯磨きも今まで通りでできます。
マウスピースも透明なため目立ちにくく、周りに矯正していることをあまり気づかれたくない人にもおすすめです。
ただし、マウスピースが正しく装着された状態で、1日21時間以上使用していないと計画どおりに歯が動いてくれません。
また、マウスピースは約1週間ごとに自分で交換していきますが、透明なマウスピースを紛失してしまうことがあります。
その際は、追加で金額がかかる場合もあるのでマウスピースの管理には注意が必要です。
 
 

確実に歯を動かして矯正したい人は「ワイヤー矯正」

歯にブラケットという装置を付けて、そこにワイヤーを通して、ワイヤーの力で歯を動かして矯正します。
しっかりと固定されており、確実に動いてくるので、自分でつけ外しをしたりするのが面倒で忘れたりと自己管理が不安な方はワイヤー矯正が良いでしょう。
ただ、ワイヤーが装着されているため、磨き残ししやすくなっています。
歯ブラシや補助清掃用具を使いながら、しっかりと歯磨きをすることが大切です。
 
 
ココルン歯科クリニックおとなこども矯正歯科では、ライフスタイルや環境に合わせた矯正治療をおこなっております。
また、大人だけでなくお子さんの矯正もおこなっておりますので、歯並びやお口に関することでお悩みがあれば、ご相談ください。

 

WEB予約
電話をかけるWEB予約