ココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科

審美治療|前橋赤十字病院跡地 ココルンシティまえばしで歯科をお探しの方はココルン歯科クリニック おとなこども矯正歯科まで

home審美治療

3Dスキャナーを使用

歯科専用の3D光学スキャナーを使った「セレック」

歯科専用の3D光学スキャナーを使った
「セレック」

セレックとは、コンピューターを使ってセラミック製の詰め物・被せ物を製作する歯科専用CAD/CAMシステムです。
歯科先進国のドイツで開発されて以来、20年以上欧米諸国で広く利用されてきたシステムで、1,000万件以上の症例があります。
日本では、セレックはまだそれほど普及していません。当院では、精度の高いセラミック製の詰め物・被せ物を作れるなど、患者さんのメリットを第一に考え導入しました。
歯型取りも3D光学カメラでお口の中を撮るだけなので、従来のような印象材を使った不快な工程は不要です。

3つのメリット

Merit01

通院回数は最短で2回

CAD/CAM技術を使い、3D光学カメラで撮った精密な歯型データをもとに、詰め物・被せ物を精密に設計して製作できます。
3D光学カメラのデータを取り込むと、パソコン上で歯の細部まで再現できます。歯型を取り直す必要がなく、最短2回の通院で治療が終了することもあります。

※症状や状況によっては2回で治療が終わらない場合もあります。
Merit02

印象材による不快な歯型取りは不要

これまでの歯型取りは粘土の印象材をお口に含み、数分間噛みしめていただくため、患者さんにストレスがかかるものでした。
セレックでは高水準の光学3Dカメラを使うため、このような不快感はありません。数分間お口の中をカメラでスキャンするだけなので、これまで以上にスムーズに歯型を取得できます。
Merit03

より精度の高い治療に

セレックは3D光学カメラで撮った口腔内のデータを使い、コンピューター上で詰め物・被せ物を設計した上で製作します。
すべての過程がコンピューター上で進行していくため、歯科医師の経験値に関わらず、お口に合った精密な詰め物・被せ物ができあがります。

詰め物・被せ物は
5ステップで完成

Step1
初期治療

初期治療

むし歯になって悪くなった箇所を削ります。詰め物・被せ物を取り替える場合は、古い詰め物や被せ物を取り除きます。
Step2
歯型データをスキャン

歯型データをスキャン

3D光学カメラをお口の中に入れ、数分間だけ撮影します。
Step3
修復物の設計

修復物の設計

撮影した3Dデータをコンピューターに取りこみ、詰め物・被せ物の設計をします。
Step4
修復物の製作

修復物の製作

連携している歯科技工所と設計データを共有し、詰め物・被せ物を製作します。
Step5
装着・完成

装着・完成

詰め物・被せ物が完成したら、歯に装着してかみ合わせを調整し、治療は完了です。
WEB予約
電話をかけるWEB予約